労働者名簿や賃金台帳などの記録の保存 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

労働者名簿や賃金台帳などの記録の保存

記録の保存

 労働者名簿、賃金台帳、出勤簿やタイムカード、雇入れ、解雇、災害補償、賃金その他労働関係に関する重要な書類は、3年間の保存義務があります。

 それぞれ帳簿等の記録の保存に関する起算日は次の通りです。すなわち次の起算日から3年間の保存義務があります。

帳簿等
起算日
労働者名簿
労働者の死亡、退職、解雇の日
賃金台帳
最後の記入をした日
雇入れ、退職に関する書類
労働者の退職又は死亡の日
災害補償に関する書類
災害補償を終わった日
その他労働関係の重要な書類
その完結の日

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー