労働者名簿とは of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

労働者名簿とは

 労働者名簿は、各事業場ごとに、日々雇い入れられる労働者を除く各労働者について調製する必要があります。また、記載事項に変更があったときは、遅滞なく訂正する必要があります。

 労働者名簿に記載すべき事項は次の通りです。

  1. 氏名
  2. 生年月日
  3. 履歴
  4. 性別
  5. 住所
  6. 従事する業務の種類(常時30人未満の労働者を使用する事業では記入しなくてよい)
  7. 雇入れの年月日
  8. 退職の年月日とその理由(退職の理由が解雇の場合はその理由を含む)
  9. 死亡の年月日とその原因

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー