年少者の深夜業 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

年少者の深夜業

 18歳未満の年少者を深夜(午後10時から翌日午前5時まで)の間に労働させることが原則として、禁止されています。

 ただし、次の場合は例外として、労働させることが認められています。

  1. 満16歳以上の男性労働者を交替制で労働させる場合
  2. 交替制による事業において労働基準監督署長の許可を受け、午後10時30分まで労働させる場合
  3. 農林水産業、保健衛生業、電話交換業務の従事者の場合
  4. 非常災害時の時間外・休日労働の場合

 また、満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの児童を午後8時から翌日午前5時までの間に労働させることができません。

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー