年少者の労働時間・休日 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

年少者の労働時間・休日

 18歳未満の年少者の労働時間・休日については、次の制限があります

  1. 変形労働時間制(1か月単位の変形労働時間制、フレックスタイム制、1年単位の変形労働時間制、1週間単位の非定型的変形労働時間制)を適用することができません。
  2. 時間外・休日労働をさせることができません。
  3. 労働時間の特例(1日8時間、1週44時間)が適用されず、必ず1日8時間、1週40時間を超えて労働させることができません。
  4. 休憩時間の特例(休憩時間を与えないこと又は自由に利用させないこと)が適用されません。

 満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの児童の法定労働時間は、修学時間を通算して1日7時間、1週40時間となります。

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー