休日 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

休日

 休日とは、労働義務がない日のことです。この休日は、毎週少なくとも1回の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

 4週間を通じて4日以上の休日とする場合を変形休日制といいますが、この場合は就業規則その他これに準ずるもので4週間の起算日を明らかにする必要があります。

 また、休日は原則として暦日、すなわち午前0時から午後12時までの24時間のことです。午前0時から午後12時までの間に労働しないときが休日であり、前日の労働が延長されて午前0時を超えた場合などは休日を与えたことになりません。ただし、交替制の場合は例外的に継続24時間で休日と認められることがあります。

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー