休憩 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

休憩

休憩時間の長さ

 労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を労働時間の途中に与える必要があります。

一斉付与

 休憩は、すべての労働者に一斉に与えなければなりません。ただし、次の場合は一斉に与えなくてもよいとされています。

  • 業種が運輸交通業、商業、金融・広告業、映画演劇業、通信業、保健衛生業、接客娯楽業、官公署の場合
  • 上記以外の業種で、労使協定を締結した場合

自由利用

 休憩時間は自由に利用させなければなりません。

 ただし、警察官、消防吏員、常勤の消防団員、児童自立支援施設に勤務する職員で児童と起居をともにする者は、労働基準監督署長の許可は関係なく、自由利用をさせなくてもよいことになっています。

 また、乳児院、児童養護施設、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設に勤務する職員で児童と起居をともにする者で、労働基準監督長の許可を受けた者は、自由に利用させなくてもよいことになっています。

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー