労働時間 of 労働基準法のポイント

労働基準法をもっと理解するためのサイト「労働基準法のポイント」

労働時間

 休憩時間を除いて、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させることはできません。これを法定労働時間といいます。

 ただし、常時10人未満の労働者を使用する商業、映画演劇業(映画の製作の事業を除く)、保健衛生業、接客娯楽業は、特例措置対象事業となり、法定労働時間は1日8時間、1週間に44時間となります。

変形労働時間制、みなし労働時間制、裁量労働制

 変形労働時間制を導入することにより、この法定労働時間を超えて労働させることが可能になります。変形労働時間制については、以下をご覧ください。


 また、みなし労働時間制や裁量労働制として次のものがあります。

bana3.jpgbana3.jpg

無料メルマガ発行中

あなたの会社に役立つ情報を毎月1回お届けする「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録はこちらから
LinkIcon「ふくなが社労士事務所便り(無料メルマガ版)」のご登録

「労働基準法のポイント」のメニュー